CATEGORY エルメス

2016/08/26エルメスを象徴する色!オレンジ

エルメス

  • LINEで送る

エルメスの中でも人気のカラー、オレンジ。エルメスオレンジとはどんな色なのでしょうか。

  • エルメスオレンジはどんな色?

    エルメスはカラーバリエーションに富んでおり、オレンジ色だけでも10色ほどが扱われています。少しピンクがかったオレンジからベージュ寄りのオレンジまでありますが、エルメスらしい色は“オレンジ”や“タンジェリン”辺りの色味でしょう。同じ色でも素材によって発色が異なるのも色の深みや面白みを感じさせます。
    暖色系カラーを代表するようなオレンジは、太陽を連想させ元気が出る色です。春は重いコートを脱ぎ捨てて明るい気持ちになるのでオレンジはぴったり。さらにビタミンカラーを身に付けたくなる夏にも適し、寒い秋冬には体温を上げてくれる色味としても最適となると、1年中役に立つ色といえるでしょう。ただし目立つ膨張色なので、取り入れる面積には気を使いたいところです。差し色として小物で採用すると扱いやすいかもしれません。
  • オレンジがエルメスの包装に採用されるまで

    エルメスといえば“オレンジボックス”といわれる包装紙・箱の、艶やかなオレンジ色を思い浮かべませんか。元来の包装紙・箱の色は薄いベージュカラーだったといいます。品のあるベージュからなぜ鮮やかなオレンジになったのか?その理由の背景には第二次世界大戦があったようです。戦時中は材料が不足していたので、ベージュの包装紙・箱が入手できなくなりました。そこで仕方なく余り物のオレンジの包装紙を使ったのです。
    戦争が無事に終わりベージュに戻したところ、お客様からオレンジの方が良かったとの指摘を受けて定着することにしたのです。ベージュも素敵ですが、オレンジの方が他ブランドとの差別化を図れているように感じませんか?今やエルメスにとって欠かすことのできないカラーとして定着しています。
  • エルメスオレンジは今でも人気のカラー!

    2016年のオレンジの新色は“テールバテュー”で、トゴで作られたバーキンが人気です。トゴは雄の子牛革に型押しを加工した素材で、適度な柔らかさと扱いやすさを持つのでエルメスでは定番レザーのひとつです。子牛革でありながら擦れや傷に強いので、使用に耐え鮮やかオレンジ色をキープしてくれるでしょう。
    また他の小物はトゴ以外ではヴォー・エプソン、トリヨンクレマンス、ヴォー・スイフトなどが採用されています。特にヴォー・エプソンはトゴと並んで丈夫なため、たいへん人気が高いです。雄の子牛革に細かな型押しをし、さらにプレス加工がなされています。
    エコスタイルではエルメスの革製品を喜んで買取いたします。丈夫なレザーが多いので年数が経っていても問題なく使えるものが多いです。ご不要なエルメス製品がございましたら、ぜひエコスタイルへご一報ください!
  • こちらの記事もオススメ