CATEGORY カルティエ

2016/05/30カルティエの時計 メンズ編

カルティエ

  • LINEで送る
カルティエの時計 メンズ編

近年、時計にも非常に力をいれているカルティエの人気メンズラインをみてみましょう。

  • カルティエ ト―チュ

    カルティエ ト―チュ
    ト―チュウォッチは亀の甲羅の形をした時計です。その歴史は古く、創業者のルイカルティエによって1912年に創作されました。当時はラウンドケースの時計しかありませんでしたから、非常に画期的な作品といえます。今ではカルティエの時計の中でも比較的定番の形をした時計として人気があります。
    メンズ、ウィメンズどちらの展開もあり、金無垢、宝石のラウンド、パヴェが入っているもの等、多様な展開がございます。
    トーチュの中でも個人的に最も好きなホワイトゴールド、スモールセコンド付きの時計を画像ではご紹介しています。これだけ現代風なフォルムで、なんと手巻き時計なんです。サファイアのカボションがついていて、本当に時計が好きな人にはたまらない作品です。
  • カルティエ ロンド

    カルティエ ロンド
    続きましては、カルティエのメンズラインでは比較的リーズナブルな作品です。その名もロンドクロワジエールドゥカルティエです。非常にシンプルなフォルムに魅力を感じます。
    ギョーシェダイヤルにローマ数字、そして伝統のレイルロードといかにもヨーロッパの現代時計と言えます。
    このロンドの魅力はそのクラシックなデザインだけではなく、機能性も優秀です。100メートル防水を備えており、ムーブメントは自社作成の自動巻きメカニカルムーブメント、キャリバー 1847MCを搭載しています。
    どこの時計メーカーも力をいれているダイバーズウォッチでカルティエから対抗馬が出たという印象です。そのブランド力を定着できるか、今後の展開に期待が膨らみます。
  • カリブルドゥカルティエ

    カリブルドゥカルティエ
    最後は、今カルティエの時計でもっとも勢いのあるカリブルドゥカルティエです。現代的なデザインを洗練させたカリブルドゥカルティエはカルティエのマニュファクチュアールとしての地位を格段に向上させています。
    ムーブメントは、カルティエが自社工房で手がけた自動巻きメカニカルムーブメント、キャリバー1904MCを搭載しています。カルティエはジュエリーウォッチなので、ムーブメントは大量生産のエタ製が使われている事がほとんどでした。カリブルドゥカルティエに力とお金を使って自社ムーブメントを搭載した事からも、今後の時計展開に力をいれている事がわかります。
    カルティエの最新技術と男性らしさを極めた新しいメンズウォッチの登場です。今後のカリブルドゥカルティエの進化と展望が非常に楽しみです。宝飾業界だけではなく、時計業界にも大きなインパクトを与えられるかどうかがかかっている時計ですね。
  • こちらの記事もおすすめです