CATEGORY 時計・アクセサリー

2016/07/26覚えて損はない!ネクタイの豆知識!

時計・アクセサリー

  • LINEで送る
覚えて損はない!ネクタイの豆知識!

スーツに色を添えるネクタイ。ネクタイのカラーによって、与える印象は様々。シチュエーションごとにカラーを使い分けましょう。

  • 戦略的に使う!ここぞというときの勝負カラー

    戦略的に使う!ここぞというときの勝負カラー

    ビジネスシーンでのスーツスタイルは、その場の調和を乱さないことが求められるので個性を出すのはなかなか難しいものです。しかし、自分の主張を伝えるアイテムがあります。それがネクタイです。
    ネクタイは全体に占める面積が少ないので、スーツやシャツに比べると選択の幅が広くなっています。締める位置も胸元なので相手の視線も集めやすく、印象を左右することができます。人間は情報の8割を視覚に頼っています。大事な会議や商談のときは、ネクタイの色にも気を使ってみませんか。

  • アメリカの大統領選はネクタイの色で決まった!?

    ネクタイの色の効果を最大限活用していたのが、アメリカの大統領選挙です。色が人の印象に大きな影響を与えていることを知っている政治家たちは、古くからここ一番の大舞台では色を効果的に使っています。
    テレビは技術の進歩で白黒の放送からカラーに変わりました。紺のスーツに白のシャツ、そこへ赤のネクタイを合わせた鮮やかなコーディネートで候補者は登場したのです。色が持つ強い印象を味方につけ、見事当選を果たしたのです。その後もアメリカの政治家たちは色を効果的なツールとして使っています。自分が好きな色や似合う色というよりも、相手に伝えたい印象別にネクタイの色を選んでいるのです。スーツやシャツとのコーディネートを考えるときは、色が持つ印象の力のことも頭の片隅に置いておいておきましょう。自分の好みの色だけにこだわらず、ビジネスのシーンに合わせて色でイメージづくりすることで色選びの幅も広がります。
    ビジネスマンが普段使いでカラフルなネクタイは使いづらいですが、ここぞというタイミングでは効果的に色を使って自分を演出してみるのも良いですね。

  • こんな時には何色のネクタイが効く?

    「赤」はここ一番というときに使う勝負の色です。遠くからでも目立ちやすく、主役になれる色です。プレゼン用に最適の色で、情熱を感じさせます。
    「緑」は植物の色だけあって、ストレスやいらだちを和らげてくれます。相手の心を落ち着かせるので、謝罪や落ち着いて話さなければならないシーンで活躍してくれます。
    「青」は公平中立の色で、知性や誠実さを感じさせます。落ち着きがあって知的に見せてくれます。
    「黒」はすべてを包む強さと重さを感じさせる色です。相手を威圧する効果があります。また、高級感や洗練された印象も与えます。
    「ピンク」は優しさや華やかさを与えます。女性は男性が身に着けるピンクを好みます。女性を相手にする場合には一度お試しを。

  • こちらの記事もオススメです。

    オーダースーツは売ることが出来るのか??売る時の確認事項!
    古着でオシャレ度アップ!アラサー女性のフォーマルコーデとは!?
    知ってる??イギリススーツの代表的存在ダンヒルの歴史!