CATEGORY2020年12月

  • ビンテージ古着はクリーニング?それとも洗濯?
    NEW

    ビンテージ古着はクリーニングで洗うことをおすすめします。購入した古着にシミがあったり汚れがついていたり、気になって洗いたいときはありませんか。ただ他の洋服と一緒に洗濯機で洗うのはリスクが高い行動です。

    ビンテージ古着は今の洋服と違って洗い方が分かりづらいものがあったり、シミや汚れが気になって洗っても落ちないことが多く、中古感が出てしまってどうにかヴィンテージ感を残したまま綺麗にしたいと思うことはあると思います。
    ただキレイにしたくても色落ちが気になったり、洋服の生地のダメージが気になってガシガシ洗えない人がほとんどです。

    今回はビンテージの古着はクリーニングに出したほうがいいこと、ただ日ごろは自宅で洗うことも可能だということをご紹介します。

  • 古着が高い理由とは?安いものと高いものの違い
    NEW

    古着が高い理由をご存知ですか?誰かが使用した古着なのに、思っていたよりも高い、古いものなのになぜこんなに高いのと感じたことがあるかもしれません。今回は古着が高い理由と、古着屋にあるヴィンテージとデッドストックの違い、古着の価格の違いの理由についてご紹介します。

    古着といえばリーバイスなどのデニムアイテムや、ラルフローレンのような普段着のような古着、レザージャケットなどをイメージするかもしれません。どれも使用感があったり、古かったりで高いと感じた人もいるかもしれません。古着屋さんで並んでいるものを見て、良いと感じる人と、古い、状態が良くないと感じる人と別れるでしょう。

    今回新品ではなくあえて古着を選ぼうと思った方、単純に古着が高い理由が気になった方が興味を持ってみてもらえればと思います。

  • 古着みたいな服はどういうもの?古着っぽいブランドと合わせて古着男子、古着女子に
    NEW

    古着みたいな服を着たいと思ってもどういうものが古着っぽいか疑問に思いませんか?今回は古着みたいな服がどういうアイテムか、どのブランドを取り入れると古着っぽく見えるかをご紹介します。

    最近のトレンドの一つに古着があり、古着男子、古着女子というハッシュタグをつけて古着コーデを投稿している方がいらっしゃります。独特の雰囲気が出る古着ですが、古着屋で古着を購入したり、日ごろから古着に触れていないといまいちピンと来なかったりします。

    今回は古着屋で購入しなくても古着っぽく見える裏技や、古着っぽく見えやすいブランドをご紹介しますので、これから古着にチャレンジしてみたいという方は参考にしてみてください。要点を抑えるとインスタなどのコーデを真似しやすくなります。

  • 和服と洋服の違いはどこにある?着物でわかりやすく説明

    和服と洋服の違い、あなたは説明できますか?今回はなんとなくイメージできても説明が難しい、和服と洋服の違いについてご紹介します。

    一般的に和服と聞いてイメージするのは着物ではないでしょうか。昔から、呉服、反物、着物というイメージがあり、時代劇などでは呉服店=いいところの商人というイメージがついていると思います。日本の民族衣装である着物は、洋服とは全然違うもので、時代に合わせて変化してきたものの、平安時代の段階ではすでに着物が存在しており、長年日本で親しまれてきた服装です。

    今回は和服と洋服の違い、和服、反物、着物の意味、時代によって変わってきた日本の着物文化を紹介しながら、和服の魅力をご紹介していきます。

  • 古着の買取で毛皮が高く売れる?毛皮の種類と相場説明

    古着の買取で気になるのは毛皮の価格ではないでしょうか。今回は購入すると非常に高額な毛皮アイテムが中古でどのぐらいの人気があるのか、買取価格についての説明を行います。

    毛皮といえば、かつて日本でも人気があった贅沢の極みともいえるアイテムでしょう。定価は100万円を越えるものがあり、肌触りのいい毛皮、希少な毛皮になるほど価格はどんどんと上がっていました。
    ただ最近になって周りを見ていると、毛皮のコートなどゴージャスなものは使用していない場合がほとんど。

    今回は高かった毛皮が買取の際どの程度の価格になっているのか、その相場の説明、周りからの評価などをご紹介します。もしも売却を考えている場合は今のうちに売却することをおすすめしますが、売りに出す前に毛皮の評価をしっかりと確認しておきましょう。

  • 古着屋で買ったデニムの洗濯はするべき?普段使いの時は?

    古着屋で買ったデニムは洗濯した方がいいのか迷いますよね。今回はデニムやジーンズは洗濯した方がいいのか、洗濯はどういう方法で洗濯をするのかをご紹介します。

    デニムは洗わない方がいい。という都市伝説のようなことを信じている人がいます。もちろんアタリによる使用感などを綺麗に仕上げるために洗わないという場合もありますが、基本的に長持ちさせたい、綺麗にエイジングさせたいという場合は洗濯した方がいいです。
    洗い方にもよりますが、定期的に洗濯することにより繊維の汚れが取れ、繊維の間が締まることで丈夫になります。

    今回はデニムをなぜ洗濯するのか、洗濯しない場合はどうなるのかなどをご紹介し、大事なデニムの洗い方も併せてご紹介します。普段から綺麗なデニムを着用して、綺麗にエイジングさせましょう。