CATEGORY2018年03月

  • 整理したくても捨てたくない。洋服の良い整理方法は?
    NEW

    今回は着なくなった、着れなくなった洋服をどのように整理するか、どういった時に整理を考えた方がいいかご提案いたします。   サイズが合わなくなったりと着れなくなってしまった洋服。なかなか捨てられなくて、もう片付けるところもないという事はありませんか?   クローゼットもタンスもパンパン。衣装ケースに入れても着ないだろうし、捨てようと思っても高かったから、気に入ってるし、勿体ない。   でもデザインが古くなって正直今後着るか分からない。リサイクルで布にする?もらってくれる人がいればいいけど友達に見せるのも恥ずかしい。子供は趣味が合わないからと言われたら嫌だし。   でも捨てるのも、、このように延々と考えてしまう事はありませんか?洋服は気に入って購入する事が殆どで、オシャレになるほど高くなるため、思い切って捨てるのも難しいかもしれません。今後はぜひ買取に出してみましょう。

  • 履かなくなった靴の処分「売るか捨てるか迷ってます!」
    NEW

    皆様は靴の処分についてどうお考えでしょうか?   ボロボロになってしまったものや10年以上前のお品物などなど、もう履かない靴の処分には困ってしまうこともあるのではないかと思います。もちろん捨てるという選択肢が一番手っ取り早い方法ではないかと思います。   しかし、他にも処分する方法があるとするならば、少しでもどこかで何かの役に立つのなら、そんなことを考えたことはございませんか?エコスタイルでは捨てる以外の処分方法をご提案させていただきます。ご使用感が強いお品物であっても捨てることなく活用できるとしたら、、、そんな素晴らしい手段をご紹介させていただきます。   今まで靴を捨てていた方の考えが180度変わることもあるかと思いますので、お時間のある時にぜひ一度読んで頂けると幸いです。記事を読んで気になった際にご相談をいただければと思います!

  • 意外と知らないリーバイスのヴィンテージについて
    NEW

    ヴィンテージデニムといえばリーバイスのイメージですが、そもそもヴィンテージとはどういったお品物を指すのかを皆様ご存知でしょうか?   お手持ちのお品物がヴィンテージのお品物であるのかどうか判断に迷ってしまうことが多々あるのではないかと思います。   実はリーバイスのお品物であってもヴィンテージ扱いできるお品物はかなり限られているのです。   赤耳やBIG E、501XXなど様々な仕様や状態がございますが、今回の記事ではどのようなお品物がヴィンテージに当たるのかどうか、どういったお品物がお値段が付くのかなどをご紹介させていただきます。一言でヴィンテージと言ってもかなり奥が深いので、お時間のある際にご覧くださいませ。