総合案内 0120-938-718

プロが薦める 「賢女の買取」 いまここ株式会社 代表取締役 白坂祐子 (色のひと® /カラーキュレーター®) 七江亜紀 Aki Nanae エコスタイル 買取アドバイザー 立浪秀訓 プロが薦める 「賢女の買取」 いまここ株式会社 代表取締役 白坂祐子 (色のひと® /カラーキュレーター®) 七江亜紀 Aki Nanae エコスタイル 買取アドバイザー 立浪秀訓

住まいの整理収納のキーは
クローゼットにあった。

認定資格である買取アドバイザーである弊社バイヤーの立浪が、色が持つ普遍の魅力を組み合わせ、
独自の価値基準で、企業やビジネスパーソンを対象とした、ファッション、食、インテリア等ライフスタイル全般のカラーコンサルティング、
ブランディングを行っている七江亜紀さん(色のひとⓇカラーキュレーターⓇ)と、片づけ美人養成コーチとして都内を中心に満員御礼の
人気セミナーを開催したり、TV等のメディアにも出演されている白坂祐子さん(一般財団法人 日本そうじ協会  掃除道 認定講師)を
ゲストとしてお迎えし、買い物を楽しまれている女性の多くが悩まれているクローゼットの整理を、習慣化する為のポイントや
色が持つ力魅力、色との付き合い方といった新しい切り口で、賢い女性に支持される本物の買取サービスについて議論した。

プロフィール

白坂祐子

いまここ株式会社 代表取締役

日本そうじ協会の認定講師として定期的にセミナーを開催。
お客さまの気持ちに寄り添う片づけ・お掃除サービスや視覚に
障害がある方の片づけまで手がけている。

掃除大賞2015 厚生労働大臣賞受賞
片づけ大賞2014 法人部門 特別賞受賞

七江亜紀

Aki Nanae(色のひとⓇ /カラーキュレーターⓇ)

それぞれの色が持つ普遍の魅力を組み合わせ、
これからの新しい生活価値を提案する、ライフクリエイター。
テレビ、ラジオなどメディアにも多数出演。
積極的に書籍の執筆活動も行っている。

「働く女性のための色とスタイル教室 (講談社)」
「知って役立つ色の事典・TJMOOK」(宝島社)
「色が教えてくれること〜人生の悩みの9割は「色」で解決できる
(大和書房)etc・・・

片付けをご依頼をされるお客様と
出張買取をご利用のお客様は類似

立浪店長:
専門家のお2人を改めてお迎えさせていただき、緊張します笑

立浪店長:
ここ最近、店舗にご来店いただいたお客様以外に、ご自宅に訪問させていただき、玄関先で不要になられたバッグや洋服や靴などの出張査定をさせていただく出張買取のご依頼件数が増えてきています。ご利用されるお客様の多くは、引越前後に片付けをされていて着ない洋服が大量に出てきたからという理由でご依頼いただいてます。点数も非常に多く、50点、100点以上のご依頼を受ける事も日常化してきました。さずがに店舗にお持ち込みをいただき難い量ですから、ご依頼の内容を確認の上で、訪問させていただいています。


白坂先生:
私もね、少し前に荻窪の豪邸に住んでらっしゃる方のお片付けにお伺いしたときに、お洋服の処分には困っていらっしゃいました。その時はエコスタイルさんを存じ上げてなかったので、適当にどこかをご紹介する訳にもいかず、お客様のお力にはなれませんでした。確かに、クローゼットの中も外もですが、沢山のお洋服やバッグがありましたね。片付けって、量を少なくする事から始める事も多いので、当然、手放すモノから決めていく事になるんですけど、どうしても高い値段がされた物や思い入れがある物だと「やっぱり・・・」と言いながら、元の場所に戻してしまわれる傾向にあります。

立浪店長:
お洋服や靴でも私達の場合、大手チェーン店様と異なり、1点ずつ丁寧に拝見させていただくスタイルを取らせていただいている為、都度、思い出話をされるお客様もいらっしゃいますね。

白坂先生:
よく言われる汚部屋とか、片付けられない方のお宅ではなくても、迷われ始めると片付けする時間はいくらあっても足りなくなってしまいますよね笑

白坂先生:
そもそも、買われる量や額面が羨ましいぐらいの方もいらっしゃいますしね。豪快に買われて、豪快に処分される方もいらっしゃいます。トレンドもありますし、その都度、着る洋服や使われるバッグが変わっていかれて、最終的にはブランド丸ごと、全て取り換える気分になられたというお客様もいらっしゃいます。

立浪店長:
白坂さんを始め、七江さんにもクローゼットの整理収納についての相談件数も増えているという事ですが、男性からすると有償でクローゼットの整理収納をご相談される事自体、不思議に感じてしまうものですが。。。

七江先生:
男性は皆さん、そう言われるですよね笑でも、最近では旦那様が奥様に期待している事の上位に整理整頓片付けが上位にランクインしているですよね。でも、奥様も育児や習い事の送り迎え、夕食の支度、、、そんな中、細かな部分の片づけやクローゼットの整理まで期待されたら応えるには結構大変なものです。私も色で整理収納するアドバイスをさせていただいていますが、白坂さんのようなお片付けの専門家にお願いできたらなあ、って思うこと多々あります。

クローゼットの整理に
おけるポイント

立浪店長:
クローゼットの整理のご依頼も多いとお聞きしましたが、クローゼットに入ってる量を減らしたいから見に来てというような相談が入るのでしょうか

白坂先生:
そうですね。お伺いさせていただくと、クローゼットの中にお洋服がいっぱい入っていて、クローゼットの前にもハンガーラックにかけられた洋服がずらりとあるお宅も多いですよ。

白坂先生:私達の出張買取をご利用してくださる方も多数のお洋服でクローゼットはいっぱいの方が多いですよね。

白坂先生:
やっぱり、そうなんですかぁ。


立浪店長:
やはり、買い物が好きな方、お洒落への自己投資が多いお客様が多いです。

白坂先生:
質問をさせていただたり、話を聞かせていただいていると、クローゼットには着ていないもの、昔着ていたものが大半を締めている事がわかるんですよね。もったいないから、とりあえず、ハンガーにかけたままのお洋服が沢山あります。

七江先生:
本来、そのスペースには着るモノを置いていかれるべきだと思うんだけれども、どんどんどんどんハンガーにかけていかれるから、着ているモノは手前、着ていないモノは奥へ奥へと滅多に目にする事はない洋服が増えていくんですよね。

七江先生:
私の場合、お客様に色を軸に整理やスタイリング等のアドバイスをする事が多いので、お客様ご自身が「あれ、、、黒ばっかり、、、」とか「この色、もう着れない笑」とか、思ったより、明るい色ばかりじゃなくて、暗い色も持ってたんだ。」とか気付いてもらえる機会があるんですよね。

白坂先生:
私の場合は、片付けがメインだから、ボトム、トップス、アウターとか種類で分けていくけれど、一緒に片付けさせて戴いた機会の時、私も新たな気付きがあったよね。

七江先生:
そうそう。当然、種類でわけられている方が大多数だしね。お客様には、赤のトップス、ボトムスとかいう感じで、事前に分けておいてもらう事もあるんですけど、順番に1着ずつ見ていくと、きっと着られないだろうなと思うコンディションのお洋服が出てきたりもします。お客様もその時に発見して何で取っておいたんだろうねという話になるんです。

立浪店長:
私達にも、似たようなシーン、よくありますね。

七江先生:
特に白い洋服は保管時に汚れが浮き出てきたりするので。

白坂先生:
立浪店長さん、それってアウト

立浪店長:
そうですね、、、私達はファッションやブランド品を専門にリユースさせていただいているので、シミ抜きしてからリユースできるのかどうか、コスト含め、査定価格を算出させていただいていますね。ただ、その時の状態で査定額は決まりますので、保管いただく際には注意が必要ですね。


七江先生:
その時点で発見されるとお客さんも「これ似合ってたのに。」とガッカリされて。似合ってるかもしれないけれど、お手入れをおろそかにされて保管されてたから、取り戻し出来ない状態になっている事って結構多くて、整理していくと結構少なくなっちゃうんですよね。

七江先生:
でも、逆にお客様が着ないかもと思われた洋服でも、残しておいて、こんな着回しすればトレンドっぽいですよとか言うと、「え、確かに。いい感じよね。」みたいな事もあるので、一概には言えないんですけどね。

立浪店長:
整理しながら、スタイリングまで出来るのは魅力ですよね。

七江先生:
質やご縁を大事にしているので、数多くはお受けしてはいませんが、パーソナルスタイリストもやってます。

七江先生:
でもね、私はスタイリスト目線よりも色目線こそ大事だと感じているので、心理学ベースで入る事が多いですよ。それこそ、何色が多過ぎると●●な傾向があるとかね。

白坂先生:
残ったものを並べてみると本当、お客様自身がハッて気がつく事ありますよね。

立浪店長:
七江さん、リピートしているお客様からは、どのような声があるんですか

七江先生:
整理して物を売ったり、処分したり、ゼロにしたりしようと考える時って、新しい自分が見えてくる機会だと考えてますね。同じお部屋やクローゼットでも、新しい空間が出来るわけで、お掃除した後って何だか気持ち良いじゃないそれと同じで。お掃除の仕方と異なるのは、ただ使わないから捨てるとか、ではなくて、これは似合うから取っておくとか、これは似合わないと気付いたから手放すとか、そういう事がご自身で気づく事が出来た上で手放したり出来るので、やっぱり気持ちも良いわけなんですよね。不思議に感じられるかもしれないけど、いろんなことがうまくいきだしたと言われる事が起きてきます。

整理収納・片付け×リユースで
豊かな生活を手に入れる意義

立浪店長:
お2人のサポートもいただきながら、買取のみではなく、片付けとか、整理収納とか、色んな角度からクローゼットやお部屋をシンプルにするお手伝いが出来ますね。

立浪店長:
買取のご依頼自体、90%に近い確率でご成約させていただいていますが、どうしてもお断りされる事はあります。セールやアウトレット等で半額や70%オフになってしまったお洋服や靴を着ていないから定価の半額以上で売りたいというようなケースですので、こればかりは難しいですね。ただ、片付けや整理収納しながらとか、プラスアルファでご提供できる事はお客様にとっても良いご提案になります。


白坂先生:
洋服とかいっぱいあると物自体が傷むって言いますしね。少ないものを大事に。それこそ、買い物を吟味して、良い物を買って、売ってというサイクルの方が傷まないですし、長く使えますよね。エコスタイルさんでリユースされる時にも大事に使われた物の方が次に使われる方にとっても良いですよね。物が過剰になれば、洋服でも、靴でも、何でも。やっぱり粗雑にはなってきてしまいますよね。

立浪店長:
そうですね。自分も仕事で履く革靴は3足程度にしています。選定しているからこそ、大事に磨いて、手をかけて履くようになりましたからね。物も喜んでいると思います。

白坂先生:
いっぱいだとそれに気がつかないですよね。でも、だからこそ、私の仕事は存在しているんですけどね。笑

立浪店長:
僕達のお客様もクローゼットやお部屋の整理収納やご自身の色との付き合い方に関心があるお客様もいらっしゃると思いました。本当に大事な物にフォーカスして、足り過ぎている物や眠っている物は整理して、リユースしていく事は私達は本当に意義のある事だと思っています。

整理収納・片付けサービス、出張買取の
ご相談はこちら

Copyright (c) StandingPoint Co.,ltd. 掲載の情報・画像など、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます

LINEで今すぐ無料査定
宅配買取を2回目以降のご利用の方はこちら