初めての方でも安心・便利・丁寧な ブランド買取サービス

エコスタイル

ブランドリサイクルエコスタイル 総合トップへ >

LINEで送る
takuhaikaitori9136

整理したくても捨てたくない。洋服の良い整理方法は?

Categories: 宅配買取, 洋服

今回は着なくなった、着れなくなった洋服をどのように整理するか、どういった時に整理を考えた方がいいかご提案いたします。

 

サイズが合わなくなったりと着れなくなってしまった洋服。なかなか捨てられなくて、もう片付けるところもないという事はありませんか?

 

クローゼットもタンスもパンパン。衣装ケースに入れても着ないだろうし、捨てようと思っても高かったから、気に入ってるし、勿体ない。

 

でもデザインが古くなって正直今後着るか分からない。リサイクルで布にする?もらってくれる人がいればいいけど友達に見せるのも恥ずかしい。子供は趣味が合わないからと言われたら嫌だし。

 

でも捨てるのも、、このように延々と考えてしまう事はありませんか?洋服は気に入って購入する事が殆どで、オシャレになるほど高くなるため、思い切って捨てるのも難しいかもしれません。今後はぜひ買取に出してみましょう。

LINEで送る

Comments are closed.

気づいたら溜まってた!着なくなった洋服のおすすめの処分方法は?

なかなか捨てられなくて、つい溜まってしまうもののひとつに洋服があります。もう必要ないけれど、もったいなくて捨てられずについ溜めてしまうパターンです。かさばるので場所をとってしまうこともあります。

自分は着られないけれど、状態はいいので捨てるのがもったいない。洋服を思い切って処分したいなら、洋服を無駄にすることなく、自分にとってもお得な洋服買取がおすすめです。

洋服を捨てるのは、福を捨てるという話があります。幸福に過ごしたいなら、福は捨てずに次に回した方がいいと思いませんか?気づいたら溜まってた福をそのままため込んで使わないのはもったいないですよ。

洋服というのは人によって好みがあります。自分が気にいっていた物が、他の人も好きになってくれるとは限りません。ご友人やご家族の方で同じ趣味の方で、かつ着なくなった、時間が経過した洋服を貰ってくれる人がいれば問題ありません。ただ、なかなかそういう方は居ないでしょう。

買取ならお店の人がその時々のトレンドや相場で買取金額を出してくれますので、処分費をかけて捨てるよりも自分にプラスになります。更に、次の人に繋げて貰えます。捨ててしまえばそこで終わってしまう洋服の思い出も、次の人が引き継いでくれると思えば気持ちもスッキリしませんか?

使用した洋服は買取してもらえるの?どんな洋服でも買取してもらえるの?

ここで気になるのは、「使用した洋服でも買取できるか」ではないでしょうか。ご安心ください。大体の買取のお店では使用済みでも買取してもらえます。

実は洋服の中古需要は高く、古着というジャンルで取引されています。ファストファッションなどは新しい物だけになることが殆どですが、大体の物は買取してもらえます。

もちろんシミや穴あき、ブランドタグを取ってしまった洋服などは買取してもらえない場合もありますので気を付けましょう。

買った時の値札などのタグが付いている必要はありません。必要なのは、縫い付けてあるブランドのタグや品質表示タグ、洗濯タグなどです。ここが無いと難しいかもしれませんので切らないようにしましょう。

クリーニングに出して持って行く必要はありません。しっかりとした買取のお店では、クリーニング屋さんと提携していることが殆ど。難しい染み抜きに高額なお金をかけてクリーニングするよりも、買取のお店は私達よりも安くクリーニングできるのでその分買取金額に反映してもらえます。お家で洗えるものは洗っておくぐらいでいいと思います。

古いとだめ?洋服のヴィンテージって何?

一般的に古いと相場は下がっていきますが買取できることが多いです。諦めずに持って行ってみましょう。稀に良い金額が付くこともあります。

あなたはヴィンテージやアンティークという言葉を聞いたことが無いでしょうか?実は洋服にも非常に稀ですがヴィンテージやアンティークといった評価が付くことがあります。

よく勘違いしてしまうのが、これは古いからヴィンテージ。という考えです。残念ながら古い洋服はただ古いだけの物が殆どです。そして大体の物が数年から10年程度で考えてしまいます。

ヴィンテージ評価が付く物の共通の特徴があります。歴史的に価値が有り、希少性が高く、欲しい人がいるかどうかという事です。最低でもこの3つが条件になってきますので、ヴィンテージになる物はかなり少なくなってしまいます。

代表的なヴィンテージ評価の付くブランドにリーバイスというデニムブランドがあります。古着と言えばデニムといったイメージがある方がいらっしゃるかもしれません。アメカジが流行った時にタイト目な古いデニムを合わせていました。ヴィンテージリーバイスは、まさにアメカジの王道です。

まだ大量生産が出来なかった60年代~70年代ぐらいの物や、世界大戦中に作られた数少ない物がヴィンテージ品として人気があります。いずれも数が少なく、その当時だけの特徴が有り、かつ欲しい人が多いという特徴があります。

また、ハイブランドではシャネルの洋服があります。古くなるほど金額が安くなりますが、一部の物はヴィンテージシャネルとして人気があります。奥深いですね。

処分したいけど捨てられない。迷ったときはどうすればいいの?

整理の時に手放すのは勇気がいりますよね。いざ捨てる、売る、となると思い出や買い物のときの思い出がこみ上げてきて、やっぱり大事にする!とついついなりがちです。捨てるぐらいならリサイクルして掃除とかに使ったり、小物にリメイクするから取っておきたい。と考える方もいるかもしれません。

もちろん物を大事にするというのは生きていく上で美徳の一つかもしれません。ただ収納アドバイザーや整理の本などを書く方がみんな同じ内容の、「どうせ使わないから処分しましょう」と言っています。

1年以上着ていない洋服はその後やっぱり着ると決意しても結局1,2回着て終わりです。それなら早めに買取のお店に売却して新しい洋服を買った方がいいと思いませんか?

洋服のトレンドは常に変わり続けています。特に女性のトレンドは目まぐるしく変わります。気が付いたら時代遅れな洋服になっているかもしれません。もちろん買取金額が下がってしまって勿体ない事になります。

基本的に新しいほど買取金額が高くなりますので、すぐに売却を決められる人ほど得をします。戻ってきたお金で新しい洋服を買って楽しみましょう。迷った時が売り時ですよ。

まとめ

家に眠ったままの洋服は、眠ったままの福です。クローゼットにたくさんあっても使わなければ意味がありません。考え方の違いかもしれませんが、パンパンになった福に新しい福は入りませんし、使わなければ良い事もありません。

かといって捨ててしまえばその福はそこで終わってしまいます。最後の最後まで自分のために使って満足したなら捨ててもいいでしょう。でも少しでも躊躇する事があるなら、迷わず売ってしまいましょう。

売られた洋服はお金になって戻ってきます。また新しい福をそれで買って使用すれば、福はどんどん回ります。クローゼットがスッキリするのと一緒に新しい福で気持ちもスッキリします。そして今まであった洋服は次に購入した人を幸せにします。素敵ではないですか?

エコスタイルは、今ある物をより長く、リユースで世界を豊かにすることを目標にしています。買取をした洋服はエコスタイルを通じて他の方に橋渡しします。処分するというのであれば、ぜひエコスタイルへご相談くださいませ。

こちらの記事もおすすめです。