初めての方でも安心・便利・丁寧な ブランド買取サービス

エコスタイル

ブランドリサイクルエコスタイル 総合トップへ >

LINEで送る
201806021603souzoku

「損」しない遺品整理のためにひと手間加えて欲しいこと。

Categories: 知識

故人とのお別れで、悲しみに明け暮れる中、想いを大切にしながらもお片付けを始めなければいけません。

大事にしまっておく物、処分しなければいけない物、形見として代々受け継いでいくもの、仕分けには時間がかかるものです。

自分では処分が難しいベッドやタンスなど業者に依頼される方が多いと思います。

 

大切な遺品の整理だからこそ、故人の想いを大切にして後腐れなく済ませたいですよね。

金銭的な事が重要な訳ではないかもしれないですが、損をしない遺品整理のためにエコスタイルがお伝えさせていただきます。

LINEで送る

Comments are closed.

平成26年、相続税が大幅に変わっています。

まずは、どうしても気になってしまう相続税についてです。
実は、平成26年に相続税が大幅に上がりました。
正確には控除額が大幅に下がりました。

平成26年以前
【5000万円+法定相続人×1000万】

平成26年以降
【3000万+法定相続人×600万】

法定相続人が3人の場合は8000万と4800万と2倍近い差が開いているのです。
8000万の資産はないけれども、4800万の資産はあるかも?!という方が急激に増えました。
東京都内に関しては、土地の価値が高いので一軒家を持っている方は相当数で控除額をオーバーする事になるでしょう。


「お年寄りがお金を使った方が日本経済の循環が良くなりますよ!」
という国からのメッセージなのですが、資産にならない買い物でこの金額を使うのは簡単ではないですよね。。。

買取は「買取のプロ」に依頼しよう

エコスタイルがオススメしている遺品整理の際のひと手間とは
「買取は買取のプロに任せた方が安心」
という事です。


少子高齢化に加え、法律が変わった事で世の関心も高まったので、エコスタイルでも遺品整理のご依頼をいただく事が多くなりました。
遺品整理といってもエコスタイルが出来るお手伝いは「買取業務」のみになります。
しかし、実は遺品整理の「買取業務」が最も金額に差が出るポイントなのです。
遺品整理業者は遺品整理のプロであって、買取のプロではないからです。


ほとんどの遺品整理業者が整理と同時に買取を行っています。
思い出の面でも、金銭面でも、「大切にしたい遺品」は正確に見積もってもらいたいですよね。
エコスタイルには遺品整理士を取得しているバイヤーが多い事もお客様から選ばれる理由の1つです。

遺品整理の費用相場

遺品整理専門の業者の相場はワンルームで35,000円程が相場になります。

処分したい物の破棄や、清掃は業者に依頼した方が格段に手間が省けます。
最安値で15,000円ほど、高ければ100,000円くらいまで金額の幅がありますが、部屋数、広さ、人員スタッフの数によって価格はもちろん異なります。

とても大変なお仕事なので、これくらいの費用感は納得できますよね。
逆に安すぎると少し不安を感じてしまうのが正直なところです。
価格と内容が見合った誠実な業者を選びたいですね。

買取のプロに任せた方が良いモノ

ズバリ、お伝えいたします。
下記は、ちゃんとひと手間かけて「買取のプロ」に査定して貰ってください。

・仏具
・古銭
・お酒
・ブランド品
・貴金属
・宝飾品
・時計


この辺りは買取のプロでも相場観にズレが出やすいお品物です。
想い入れのあるお品物には「プロの鑑定」をオススメします。

まとめ

急な人の死に直面して、この記事を読んでくださっている方が多いと思います。
遺品整理の業者も買取業者も、一度深呼吸して、落ち着いて選んでください。
バタバタして大変な時期だと思いますが、遺品整理業者と買取業者を分ける事で金額が大きく異なる可能性がありますよ。

こちらの記事も参考にしてみてください。


・出張買取を有効に使おう!〜遺品整理編〜
・宅配買取を有効に使おう!〜遺品整理編〜
エコスタイルHPはこちら>>