初めての方でも安心・便利・丁寧な ブランド買取サービス

エコスタイル

ブランドリサイクルエコスタイル 総合トップへ >

LINEで送る
mannsou-rogo2

万双について

Categories: バッグ, メンズバッグ, 知識

職人が一つ一つ手作業で作り上げる職人気質を感じるレザーブランドです。主にダレスバッグなどが、有名で長年愛されているアイテムの一つです。そんな、万双と言うブランドにフォーカスしてみたいと思います。

LINEで送る

Comments are closed.

万双とは?

代表の武井基興氏が作り上げるレザーブランドです。妥協なき製品作りで知られているブランドです。一番の特徴は、他のブランドと異なり、自社のブランドのロゴや刻印が製品に無い事です。これは、創業者である、武井氏が強いこだわりを持っているため、そのような仕様になっております。購入していただく製品はお客様の手元に渡った段階でその購入していただいた方の物になるので、ロゴなどは作り手のエゴやプライドだと考えているようです。 また、変わったブランドの生い立ちもあり、“万双”と言う名前ですが、上野のアメ横にお店を構える事にしたそうですが、前に入っていたテナントが“万双”だったそうで、そのまま看板などを使う事にしたそうです。そのため、特に意味合いがあり“万双”にしたわけではないようです。なによりも、一番大事にしている事が、良い物を作り、使い手が長く使える事を考えているため、販売や広告にかかるコストなどを徹底的にかけずに、お値段以上に良い商品を作り上げる事しか考えていないと言っても過言ではないブランドです。まさに、男気溢れる、職人気質を感じるブランドと言えるでしょう。

万双の最高級レザー、双鞣和地

万双の製品には、様々な高品質なレザーを使っています。例えば、ブライドルレザー、シモーネ、コードバン、ブッテーロ、チェルケス、クロコダイルなど、どこかのブランドと比較しても引けを取らない素材を使っています。特に、定番で一番人気のダレスバッグでブライドルレザーを使っている製品はなかなか、万双の店頭に行ってもお目にかかれないのではないでしょうか。 各高品質のレザーをふんだんに使用していますが、その中でも、日本で独自で作り上げた最高級レザー双鞣和地と言う物があります。読み方ですが、“そうなめしわじ”と呼びます。フルタンニン二重鞣しを行い、通常品よりは何倍の工程、時間をかけて作り上げています。そのため、出来たレザーの風合いは、双鞣和地でないと味わえないほど、しなやかです。また、独特な表情をしており、美しさを感じるほどです。日本の気候に合わせて、多湿な状況下でも痛まず、優れた耐久性を発揮されるレザーになります。採算度外視で良い物を作り上げる、万双ならではのこだわりと言えます。

万双を象徴するダレスバッグ

万双のアイテムは既に何度かご紹介しております、ダレスバッグなどのバッグから、トートバック、ブリーフバッグ、お財布に小銭入れ、ベルトなども展開しています。中でも、ダレスバッグは注目度が高いです。ブライドルレザーを使っている三つマチダレスバッグは、フォルムが美しいと評価されているアイテムになります。厚いブライドルレザーで作られる同アイテムは、使い込むほど、ユーザーの物になっていく感覚を楽しめるロングセラー品です。長年の研究により、作り上げられた渾身の力作です。長く使えるので、親子で使える、橋渡し出来るようなアイテムにもなっております。また、ダレスバッグを作れる職人は現在二名ほどしかいないようですので、いかに万双のダレスバッグが貴重かが分かります。

こちらの記事もオススメ