初めての方でも安心・便利・丁寧な ブランド買取サービス

エコスタイル

ブランドリサイクルエコスタイル 総合トップへ >

LINEで送る
1101

知っていましたか?オパール豆知識3つ

Categories: オパール, 宝石

人によっては身近な存在と考えるであろうオパールですが、その特徴やお手入れ方法などはご存知でしょうか?

LINEで送る

Comments are closed.

パワーストーンでもあるオパール、その意味・効果は?

数々の宝石の中でも明るいエネルギーをもつと言われるオパールは幸運の石として知られています。外観が白いホワイトオパールが多く出回っていますが、見る角度によっては全く違う色が浮かび上がり、何とも幻想的な印象を与えてくれます。これは遊色効果というものにより見え方が変わってくることが要因になっています。白色かと思えばオレンジに見えたり、ブルーやグリーンに見えたりと何とも不思議な感じがする石です。 このように様々な色に見えることから、オパールには暗闇に光を照らす希望の石、幸運の石という意味合いが込められています。その独特な輝きは固定概念に縛れること無く広い視野で物事を見る助けになるとも言われています。 自由な発想を大事に仕事をする方にとっては大きな効果があるかもしれませんし、頑固な人にとっては柔軟さをもたらしてくれるかもしれません。神秘的な力を秘めたオパールは、持っているだけでも魅力溢れるパワーストーンです。

オパールの色・原産国について

通常のオパールは基本的に白色をした宝石で、ブラックオパールという黒色の石もあります。最大の特徴が遊色効果ですが、遊色効果というのは見る角度で様々な色が浮かんで見えるものであり、まるで手品のようなイメージを持たれる方も多いでしょう。これは石の中にたくさんのシリカボールがあるからで、これに光が当たって屈折することによって見え方が変わってきます。自由に光り輝くその姿を眺めているだけで、何だかワクワクして楽しい気持ちになる方もいるようです。 一方で、遊色効果がない石もありますが、石そのものが美しいものであることから変わらず人気があり、宝石として加工して様々なアクセサリーに使われています。 オパールの主要原産国は世界シェアの90%以上を採掘していると言われているオーストラリアを始めとしてメキシコやアメリカ、ブラジルです。中でもオーストラリア東部で採掘されるブラックオパール、メキシコ産のファイアーオパールは希少性が高く、高値での取引がされています。

オパールを使った人気のアクセサリーとそのお手入れ方法

オパールの多くは指輪やネックレスに使われることが多く、他にもイヤリングやブレスレットなどが人気のアクセサリーとなっています。 お手入れは洗うことが基本ですが、とにかく力を入れずに優しくを心がけましょう。急激な外部からの力には弱いため、優しく撫でるように洗ってください。 また、月光浴や水晶クラスターを用いた浄化は良いですが、太陽光や塩を用いた浄化は割れる可能性がありますので注意しましょう。さらに、高周波洗浄機なども割れる原因になりやすいため使用は避けたほうが無難です。 繊細な宝石ですから、お手入れ方法に困った場合は宝石店へ相談してみることも一つの方法です。