初めての方でも安心・便利・丁寧な ブランド買取サービス

エコスタイル

ブランドリサイクルエコスタイル 総合トップへ >

LINEで送る
Kuromuhatsu no uorettochen

クロムハーツのウォレットチェーンについて

Categories: クロムハーツ, ブランドジュエリー

カジュアルシーンにおいて圧倒的な存在感を生むクロムハーツのウォレットチェーン。人気の商品や高価買取りのコツなどをご紹介します。

LINEで送る

Comments are closed.

クロムハーツといえばウォレットチェーン!その人気の秘密とは?

芸能人なども多く愛用していると言われるクロムハーツのウォレットチェーンですが、これだけの人気を集めている理由は何と言ってもデザイン性の高さでしょう。チェーン幅は概ね1.5cmとなっていますが、デザインの種類は多くあり、チェーン全体に十字架をあしらったもの、色々なモチーフをチェーン部分に使ったものなどいかにもクロムハーツらしい印象を受けるものが多くあります。 ほぼ全ての製品でクロスボールが付いているクリップ部分には手彫の刻印がされているのも隠されたオシャレポイントでしょう。また、このクリップ部分は360度開店する仕組みになっているため、チェーンが絡まるなどの煩わしさがありません。 本来は盗難や紛失防止のために使用されていたウォレットチェーンですが、その意味合いは次第に変わり、オシャレアイテムとして一般的に使用されています。腰からジャラジャラと下げて歩く方もいるなど、見た目の評価が分かれるところではありますが、クロムハーツのウォレットチェーンは長すぎませんし、品質の良さが感じられ、決して主張しすぎないところに人気の秘密があるのでしょう。

ウォレットチェーンの人気のデザインとは?

クロムハーツのウォレットチェーンで変わらぬ人気なのがキヘイタイプと呼ばれるもので、シルバーが編み込まれたように見えるデザインは、どのようなコーディネートにもマッチすると言われています。長さが40cmにもならないクラシック ショートはアパレル業界や美容師なども多く愛用されています。 一方で、チェーン部分に等間隔に配されたクロスボールが印象的なウォレットチェーンも根強い人気があります。これと同様にクロスやクロウ、BSフレア、スターなどで飾られたマルチボールのウォレットチェーンも人気です。クロムハーツの様々なモチーフがふんだんに使われているため、何とも言えない贅沢感を味わえる逸品です。デニムに装着するというイメージがありますが、ハーフパンツやカーゴパンツにも良く合います。 いずれのタイプも前述のとおりクリップ部分が回転する作りであるためチェーンが絡まないという安心感があります。 万能タイプのクラシック ショートは活用できる場面が広がりますし、デザイン性が高いクロスボールやマルチボールは、カジュアルシーンでオシャレ度を大きく上げてくれるアイテムとして人気です。

おすすめの保存方法やお手入れ方法、高価買取りのコツは?

クロムハーツのウォレットチェーンは腰元に下げるという使い方ですから、傷や汚れのリスクが高くなりがちです。もちろん、くすんだ風合いや若干の傷はクロムハーツらしさが出ると考える方もいますが、買取りに出す場合は綺麗な状態であることが望ましいでしょう。そのため、普段からシルバークロスなどで綺麗にお手入れしてあげるようにしましょう。燻し加工されている製品はクリーニング剤を使うと台無しになってしまうため気をつけましょう。 また、高買取りをしてもらうためにはギャランティーカードやレシートがあれば有利に働く場合がありますので、購入した際の付属品などはきちんと保管しておきましょう。